看板の種類 チャンネル文字看板

チャンネル文字看板

金属を加工し、文字の形に施工したサインです。中を空洞にすることでLED電球を埋め込むことが出来、よりグレードの高い空間を演出することができます。

群馬看板 看板の種類 チャンネル文字看板 ステンレス文字
群馬看板 看板の種類 チャンネル文字看板 ステンレス箱文字
看板に使用される文字にも色々な種類がありますが、チャンネル文字を使用した看板も人気の高い広告媒体として広く取り入れられています。
チャンネル文字とは一般的に厚みのある文字のことを指します。金属文字を配置することで店名やメッセージを伝えることができます。いくつかの種類があり、目的に合わせて選択する必要があります。通常タイプの金属チャンネルは箱文字と呼ばれます。
チャンネル文字に使用される素材は、ステンレスや亜鉛、真鍮や胴などの金属が使用されています。金属文字で表現されるからこその重厚感や高級感、存在感を演出することが出来るのです。
厚みを持たせて立体的にすることで高級感を感じやすくする効果があります。幅に関しても幅広く対応してくれるケースもあります。押さえ縁を無くした縁なし内照式のものもよく使用されています。
表面をアクリルのみにすることで小さな文字でも対応しやすいという利点があります。夜間でも書いている内容が見えやすいのがカップリングのものです。
正面アクリル部分が発光する仕組みになっていて、暗い時間帯でも分かりやすいのが大きな利点です。アクリルの表面に電飾用シートを貼れば好みの色に発光させることも可能です。
LEDを使用したバックライトチャンネルというものもあります。壁面をバックライトで光らせることでチャンネル文字の輪郭を浮かび上がらせる仕組みです。
間接照明のような上品な印象を与える効果があります。レーザーで加工した板を使用して作られる金属切のものもよく使用されています。表札や階段の階数表示にも使われることが多く、様々なシチュエーションで役立てられています。
アクリル製のものと共通していて小さな文字の表現が行いやすいという特徴があります。アクリル切のものはコストパフォーマンスが優秀なのが特徴です。安価ではあるものの、そのクオリティは決して低くないので使用される機会が多くなっています。

ページの先頭へ