看板の種類 A型看板

A型看板

A型看板とは、側面部から視認した際にアルファベットのAの型に全体が見える立て看板の事を指します。
A型スタンド看板は、近距離から見ることを前提としたサインです。そのため、舗道や遊歩道沿い、ポケットパーク、施設のエントランス、店舗の入口などに設置するケースに適しています。

群馬看板 看板の種類 A型看板
群馬看板 看板の種類 A型看板
群馬看板 看板の種類 A型看板 魚
A型看板はスタンド看板に属しますが、飲食店の入り口に設置されているメニュー表などに使われることが多い看板であり、横から見た時にアルファベットの「A」に見えることからA型看板と呼ばれています。
飲食店などの店舗で使われることが多い看板ですから両面表示されているものが一般的であり、歩行者に対してのPRとなります。
印刷物を貼るタイプ、黒板などになっていて内容を直接書き込むタイプの2種類に大きく分けられます。
印刷物を貼るタイプは、印刷物の裏側は糊付きシートになっていまして、それを看板の板面に貼りこむというものになります。
印刷する紙やインクも屋外用になっているため改めてラミネート加工する必要がなく、雨、直射日光にも強いので便利に使用できます。
その他にもポスターをセットするだけのタイプもありまして、それぞれの用途に合わせて使い分けられています。
A型看板の多くは飲食店、美容院、お花屋さんといった店舗を構える店で多く、基本的には印刷物を貼るタイプが多いですが、手書きで書きかえられる黒板などのタイプの方がオリジナルの宣伝が出来て注目されています。
これは群馬県も含めて全国的なものであり、少しでも店舗の宣伝を多くの方に見てもらい共感してもらうための方法として使われています。
A型看板は印刷物を一緒にセットしたり、工夫したりすることができるのでオシャレなデザインや写真を盛り込んだりすることができて、フェアやイベント情報を告知するのに最適です。
最近はLED照明を組み合わせたものやシンプルながら格安といったタイプもあり、訴求したい内容と看板の性質をしっかり一致させる事が利用のポイントとなります。

ページの先頭へ